海外発送/国際配送サービスの転送コム




     ご利用ガイド
     返品・交換・変更について
     特典について
     Rejet特典ガイド
     よくあるご質問
     お問い合わせ
     通信買取について
     実店舗について




















 

【WIN】 愛は、憎しみによく似ている 憎しみは、愛によく似ている 初回限定版

希望小売価格 : 7,992
価格 : 6,350円(税込)
数量
 
かごに入れる
発売日:2018年2月23日
メーカー:PIL-VAMP
対応機種:Windows
(動作環境はメーカー様をご参照ください)
※年齢制限あり

浅草育ちの成嶋綾子は甘味店を営む父と二人暮らし。
久しぶりに長兄が顔を見せるという週末、
近所の寿司屋から出前を取り、
家族水入らずの夕餉を楽しんでいた時、
ふいに父の正造が切り出した。

「見慣れねぇ名前の奴から手紙が来てんだけど」

父が見せた封書には予想もしなかった重大な内容が記されていた。

「谷中法律事務所の弁護士蒲生龍彦と申します。
先日逝去された大富豪小沼三郎の代理人を務める者で、
氏の遺産相続に関してお話したいことがあります」

家族が勢揃いした自宅にやってきた蒲生弁護士は綾子に奇妙な依頼をする。
近々行われる小沼老の遺言状公開の場に立ち会い、相続執行に協力してほしい。
それ以上の詳細は遺言状を公開するまでは不明だと言う。
なんとも曖昧な話に疑心と不安が膨らむ。
さらにその席上で綾子は自身に関わる衝撃的な秘密を知ってしまう。

悲しみと不安と困惑を抱える綾子を、
久しぶりに再会した幼なじみの佐伯潤一は優しく慰め、まっすぐな瞳で求婚する。
突然の言葉に驚きつつ、
綾子の胸に甘やかな気持ちが広がっていく。
遺言状公開の日が迫る中、潤一の力強い言葉に背中を押されるように
綾子は立ち会いを承諾する。
そして当日、集まった相続権利者の面々は──。